TG ASTERとは

IMG_0547-1

アスターは一度植えた場所には栽培できないと言われてきました。
連作は不可能と言われてきたアスターですが、当社は独自の栽培管理システムで一年を通して安定した品質で出荷を行っております。

国内では唯一の周年栽培アスターを当産地オリジナルとして「TGアスター」と名付けました。

 

栽培ポイント

①自社育成の苗

連作を嫌うアスターの土台作り。
どの場面で連作障害を起こす菌が侵入して来るか分からないので、アスターの基盤となる苗は、自社で育成します。
人の手で徹底した品質管理を行い、大切に育てます。

IMG_1095

②特殊な培地(土)

肥料や栄養素を効果的に供給できるアクアフォーム(粒状オアシス)を培地として使用することで、フザリウム菌の密度を抑え、安定した品質のアスターを栽培することができます。

TG ASTERとは

③高設隔離ベンチ

地面と隔離することで、菌の侵入を最低限に抑え効果的に消毒を行う事ができ、連作を可能にしています。

上記の他にも様々な試験を行い、生成環境に合わせた栽培を実践しながら、一年を通して安定した出荷を行うための工夫をつづけています。

 

TG ASTERとは

商品紹介

ステラピンク

出荷時期:周年
一年通して需要のある品種。
目を惹く明るいピンクは、どの時期でも重宝されます。

ステラレッド

出荷時期:4月~12月初旬
一番品質の安定した品種。
冬季に色が濃くなり黒ずんでしまうため、ステラスカーレットに品種が変わります。

ステラスカーレット

出荷時期:12月~4月
ステラレッドとは違う明るい赤の品種。
高温気に病気に弱くなるため周年栽培が難しい品種です。

ステラトップブルー

出荷時期:周年
ステラピンクに次いで人気品種。
菊にはない色のブルーがきれいな品種です。
冬季は開花調整の為、草丈が短くなります。

ステラディープブルー

出荷時期:周年
ブルーの濃い品種。
トップブルーと違いはっきりとした色目で、花形はきれいです。

試作品種

基本はステラシリーズのみの栽培ですが、時期や要望により試作栽培を行うことがあります。

取引先紹介

株式会社 大田花き(東京)
https://otakaki.co.jp/

株式会社 なにわ花いちば(大阪)


株式会社 花満(広島)
http://hanaman.co.jp/

福岡花市場(福岡)
http://www.fukuhana.jp/